三崎経営労務事務所代表の三崎亜紀子です。
三崎経営労務事務所のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

特定社会保険労務士として、私には仕事にかける大切な思いがあります。
開業以来大事にしてきたこと、そしてこれからも守り続けていきたいことについて少しお話させてください。

労務問題なら大田区の社会保険労務士の三崎経営労務事務所

得意分野は労使トラブルの早期解決

労使トラブルの勉強会や事例発表会などをしていると、「なんでそこまでやるんですか!?」と、同業の社労士に驚かれることがあります。

あらためて聞かれて自分でもなぜ??と思いますが、「そこまでやるのが当たり前と思っていた・・・」というのが正直な答えです。 お客様から相談された時点で「じゃあどうしたらいいか?」と反射的に考え、すでに行動している自分がいます。

関わったお客さまが労使問題で頭を抱えている。
精神的にストレスが溜まり時間も取られ、社長の本業である経営に力を発揮できないでいる。

こんな時、プロである自分の専門分野で、できる範囲のことをやるのは当たり前。
ご相談案件に対して「ここまでやればいいや」ということは一切考えません。
問題解決に向かってとにかく全力でやる、というのが私の基本姿勢です。

企業の成長に労使トラブルはつきものです。
経営者にとっては頭の痛い問題ですが、これを乗り越えてこそ、一つステージを上げることができますし、そういう企業を何社も見てきました。

問題解決のためには、今まで放置してきたことに取り組まなければなりません。
企業にとっては腰が重いかもしれませんが、ここで解決しておかなければ、再発は目に見えています。そして、再発した時のリスクは今よりもっと大きいものになっています。 だから今、この時点で最良の方法で解決策を講じておくことが必要なのです。
そのために、企業と一緒にとことん取り組む姿勢で臨みます。

日ごろの予防対策を怠らない

トラブルの予兆は、日々の給与計算や手続きから読み取ることができます。
これまでの経験と多くのデータから、予防策を提案できるのが当事務所の強みであり、私が最も力を入れていることです

例えば、当所の就業規則は合理的かつ緻密な設計でトラブルの未然防止を狙います。
就業規則の1条1条には必ず存在理由があり、1条ずつの積み重ねがお客様の会社のあるべき姿を描くよう設計しています。

また、給与計算をすることで欠勤や遅刻の多い社員、残業の多い部署、有給消化率、休憩時間の有無など多くのことをチェックすることができます。通常と違う動きがあれば「何か問題があるのかな?」と調べることができ、問題が大きくなる前に解決することが可能です。

労使トラブルから未然に企業利益を守ることも私の大きな使命です。
関わる全ての企業に成長してほしいですし、私も共に成長していきたいと考えています。

労務問題なら大田区の社会保険労務士の三崎経営労務事務所

助成金へのチャレンジを全力でバックアップ

助成金というと、「そんなお金をもらうほど落ちぶれていない」「助成金をもらうのは恥」と思っている経営者の方がいらっしゃいます。業界でも「助成金をやるのは駆け出しの社労士か、他で仕事がない社労士」という風潮があり、「私は助成金はやりません」ときっぱり言う社労士もいます。

しかし本当にそうでしょうか?
助成金は、政府がバックアップしたいと考えている産業や人事施策を導入した会社に支給されるものです。
助成金の原資は企業が納付している税金や労働保険料などであり、 政府の定める受給条件を満たせば、申請する権利は等しく皆さんにあります。

助成金にチャレンジすることで、人事施策を導入し労働環境を整備することができ、そのうえで助成金も受給できる、こんなにメリットの大きいチャンスはありません。 起業や新規事業展開の大きな力となるこの制度に積極的にチャレンジする気持ちを示していただければ、私も受給に繋がるよう、全力でサポートいたします!

私の座右の銘は「昨日より今日、今日より明日」。
今できることを精いっぱいやって、少しでも明日を良い方に変えていきたい。

労使問題で悩んでいる社長さん、これから事業拡大でどうなるか不安な社長さん、起業に向けて準備中の社長さん、どうかお一人で悩まずにご相談ください。

見た目は穏やかと言われる私ですが、持ち前の行動力と徹底した下準備で、「やる」と決めたらやり切ります!  顧客のピンチにとことん付き合いチャンスに変える、逃げない社労士の三崎経営労務事務所を、どうぞよろしくお願いいたします。

労務問題なら大田区の社会保険労務士の三崎経営労務事務所

三崎経営労務事務所代表 社会保険労務士 三崎 亜紀子プロフィール

実践女子大学卒業後、大手自動車部品関連会社に営業事務職として4年、中小企業で経理・総務として7年間勤務。出産後のパート勤務中、業績不振を理由に2回解雇を経験したことから、独立起業することを決意、社会保険労務士を目指す。試験合格後、大手社会保険労務士事務所で実務経験を積み、2000年 大田区久が原にて開業。2011年 特定社会保険労務士試験合格、産業カウンセラーの資格も持つ。

セミナーや企業研修では、「職場におけるハラスメント対策」「ブラック企業と言わせないために今押さえておきたい3つのポイント」「労働基準監督署の調査とその具体的対応策」など、具体的で分かりやすい内容が評判を呼んでいる。
神奈川県横浜市生まれ。趣味はかわいい文房具集め。お客様の工場や店舗・会社見学をするのが楽しみ。好物はお寿司とパフェ。