社会保険・労働保険手続き代行サービス

人事、労務に関する各種手続きを
専門家にまかせるメリットとは

社員・パート・アルバイトの採用・配置・休職・退社・就業中の事故など、さまざまな場面で必要となる【事業主による書類手続き】。その対応を迅速、正確に行うことは、事業主・従業員双方のメリットとなることはいうまでもありません。
期限に追われ、煩雑な書類作成に悩むより、スキルも経験も豊富な専門家におまかせください。時短&コストカットを実現しながら、企業様の社会的信用アップにもつながります。

事例で紹介!手続き業務

社員・パート・アルバイトの採用・配置・休職・退社・就業中の事故など手続き業務

1.社員退職の時になって、入社時に手続きを忘れていたことに気づいた!

入社して2年目の社員が退職することになりました。雇用保険の離職証明書発行の手続きをしようとした際に、雇用保険に加入する手続きを忘れていることに気が付きました!いったいどうすれば?

三崎事務所のサポート

こうした場合、期日をさかのぼって加入手続きすることはできます。しかし、必要な提出書類がとても多く、事業主様にとっては大変なご苦労となります。

また、社員が退職後、失業給付をもらえる条件に影響が出る場合もあります。 手続きの失念で失業給付の額が減ってしまった場合は、会社が補償を求められるばかりか、社員の信用を損ない、社会的な信用をも落とす危険さえあるのです。

顧問契約をしていれば、こうしたトラブルが発生する心配はありません。社員の入退社のご連絡を頂いた際に、これらの手続きを期限内にもれなく代行いたします。万が一、入社時のご連絡を忘れてしまっても、気がついたときにスムーズに対応できるスキルがあります。安心しておまかせください。

2.社員が「別居している親の健康保険証を発行してほしい」と言ってきましたが・・・

加入している健康保険組合は扶養家族の認定が厳しく、いろいろな種類の書類を求められました。社員にすべて準備してもらったものの、 結局条件をクリアできず、認定されませんでした。時間をかけて準備したのに結局ダメなの?と腑に落ちません。社員にも納得がゆく説明ができません。

三崎事務所のサポート

健康保険組合に加入している場合、家族を扶養家族として認定してもらう手続きは思いのほか手間がかかります。たとえ親でも別居の場合は仕送りなどによって「生計を維持している」という証明をしなければならないからです。

当事務所にご依頼いただければ、どんな条件をクリアすれば認定されるのか、事前に社員の方にもわかりやすくご説明いたします。条件が分かれば、社員の方もご納得いただけるでしょう。条件がクリアでき、扶養家族と認められそうな場合、必要書類を的確にお伝えしますので、無駄に書類を準備していただくことはありません。

3.社員が病気にかかり6か月間休職しなければならなくなりました!

欠勤している間、社員の生活保障をする手続きはどうすれば?
毎月、書類を提出する必要があるようですが、戦力が欠けている中で、手続きに時間を取られるのは困難です。

三崎事務所のサポート

社会保険に加入している方が病気(労災は除く)で働けなくなり欠勤する場合、「傷病手当金」の受給手続きをすることによって、現在のお給料の7割程度の生活保障金を受け取ることができます。

手続きは、専用の用紙に医師の証明をもらう必要があり、事業主の記載事項も多岐にわたります。添付資料もあり、習熟していないとなかなかスムーズに準備できないのが実情です。

当事務所には手続きのノウハウがありますので、社員の方の休職のお知らせをいただければ、すぐに手続きいたします。病気で収入がなくなれば治療費にも困りますから、素早く対応してあげたいですね。

4.ハローワークに求人を出したいのだが・・・

ハローワークの求人は無料だから活用したい。しかし、申し込みシートの記載事項を見ただけで煩わしくなってしまった。適当に書いて持っていったら、労働時間や給与額などについて細かく聞かれ、うまく答えられず、面倒になって結局あきらめてしまった・・・。

三崎事務所のサポート

実は、こうしたお悩みをお持ちの経営者様は非常に多く、しばしばご相談を受けます。ハローワークの求人はなんといっても無期限で無料なのが大きな魅力です。今はネット上でも求人を公開し ており、休職者にとっても信用のおける求人媒体として定着しているため、効果は期待できます。
しかし、民間の媒体とは異なり、労働基準法に合致した労働条件の記載を求められるため、申し込みの書類には記載事項が多く、記入の仕方にも気を使う必要があります。面倒とお感じになる事業主様が多いのも事実です。

当事務所では、顧問契約のお客様には求人の手続きも行っております。求職者の目に留まりやすい、効果の高い求人票の作成ノウハウがありますので、ぜひお気軽にご相談ください。
また、ハローワークは助成金申請に繋がる可能性も大きいので、ぜひご利用頂きたい行政サービスです。その点についてもお客様の実情に応じたご説明をさせていただきます。