セカンドオピニオンサービス

セカンドオピニオンは賢明な経営者の選択です

医療の現場で、かなり浸透・定着が見られる「セカンドオピニオン」。主治医だけでなく、複数の専門家の意見を参考にし、十分検討したうえで結論を出したいという場合の正当な手段です。企業経営に直結する労務・人事に関しても、複数の専門家から意見を聞きたいと考えるのは、経営者様なら当然のこと。きわめて賢明な選択です。三崎事務所ではセカンドオピニオンのご相談にも対応しています。

セカンドオピニオンのメリットとは?

長年つきあってきた顧問社労士さんがおられる会社の経営者様にとって、別の社労士の意見を聞くというのは、心情的にも、また経費の面でも、積極的に進めにくいことかもしれません。けれど、異なる視点、観点を持つ専門家の意見には、企業の新しい未来を拓くヒントが詰まっているかもしれません。セカンドオピニオンを聞いてみるメリットを挙げてみましょう。

社労士のセカンドオピニオン

もっと良い問題解決方法が見つかる可能性がある

労使のトラブル、社員のトラブル、労務に関する諸課題に関し、解決に向けた新しい方法や手法と出会うきっかけになります。今までより積極的に行動することにより、問題解決が早まる事例は少なくありません。

専門家の的確かつ客観的なアドバイスが自信につながる

顧問社労士さんのアドバイスとは異なるものの、経営者様ご自身が漠然と考えていた問題解決策について、別の視点を持つ専門家なら背中を押してくれる可能性があります。セカンドオピニオンを聞いた結果、的確かつ客観的なアドバイスに自信を得て、経営者様がより積極的な行動に出るきっかけとなる場合も多々あります。

現在契約中の社労士と提案内容を比較検討できる

同一案件への対応策や提案内容を比較検討することで、自社の実情に最も適した解決策を選択することができます。契約中の社労士さんに不安や不満がある場合は言うまでもありませんが、不満がなくても、企業の発展・成長のために、よりふさわしいパートナーと組むことが重要でしょう。

顧問契約をする前の(社労士を乗り換える際の)「トライアル」として利用できる

新しい社労士との顧問契約を検討している場合には、力量、対応手法、相性などを見極める機会として、セカンドオピニオンを「トライアル」として利用するのもいいでしょう。

三崎事務所のセカンドオピニオンサービス

お客様にすでにご契約の社労士さんがおられる場合でも、三崎事務所ではご希望に応じてセカンドオピニオン対応を承ります。
もちろん、当事務所が得意とする助成金の申請手続き代行、就業規則作成の実務等のスポット依頼にも対応しております。
次のようなお悩みをお持ちなら、まずはご相談ください。

  • 今契約している社労士とは違う観点の意見を聞きたい
  • 就業規則に精通した社労士に相談、依頼したい
  • 助成金の申請に精通した社労士に相談、依頼したい
  • 社員との労使トラブルに積極的に対応してくれる社労士を探している
  • 顧問社労士はいるが、対応に不満や不安を感じている

無料相談をご利用ください

三崎事務所では初回ご相談(約50分)を無料で受け付けております。
セカンドオピニオンのご相談、労使問題や各種手続きに関する問題や不安などなんでも遠慮なくご相談ください。
経験と実績を活かし、新しい道を拓くきっかけをご提供いたします。

《労使問題無料相談》