《ピンポイント・ソリューション》人事労務担当者の育成

2016年5月27日
ピンポイントソリューション「1事案・1年間 集中対策サービス」

ご相談事案:【人事労務の育成】

人事・総務の経験者が不在で手続き等を社長が行っていたが、適正に出来ているか不安。一年間のサポートの中で人事労務担当者を育ててほしい。

人事・総務の経験者不在の問題

この事例の会社では社員が入社した際の労働契約書の作成や、入社誓約書などは特に交わしていませんでした。
また退職の際に退職届を出してもらったり、守秘義務誓約書を交わしたり、という、一般的には当たり前の事ができてないということ、また、社会保険・労働保険の保険手続きも、我流できちんと行えていないのではとの不安をお持ちでした。

人事・総務の担当者を育成

会社を運営していく限り、人事、労務に関して手続きなどは必要不可欠です。その部分を外部の社労士事務所に依頼するか、社内で担当者と配置するか、どちらかになります。今回のご依頼は担当者を社内におきたいという事で、この一年間のサービスをご利用いただいて、担当者を育成する事をご提案しました。

社内に担当者がいる事の安心感

一年間の人事労務サポートで社内のご担当者と並走しながら、人事労務手続きの流れや手続き方法などをレクチャーすることで、担当者が成長し、また、人事労務に関して勉強したことで、モチベーションもあがったとの社長からの感想をいただきました

社内に担当者がいることで、他の社員の会社への信頼感も増して、とても良い雰囲気になったそうです。

«
»