キャリアアップ助成金

2018年1月1日
「キャリアアップ助成金」って、どんな助成金?

「キャリアアップ助成金」とは、有期契約社員、短時間労働者、派遣労働者など、いわゆる非正規社員の企業内でのキャリアアップを促進するため、正社員化、研修の実施、処遇改善などの取り組みを実施した会社に対して、支給される助成金です。

 

非正規社員の方も企業にとって大切なマンパワーです。非正規社員の方モチベーション、能力の向上、を促し、事業の生産性を高め、優秀な人材育成と確保のために、ぜひともこの助成金制度をご活用ください。

どんな取り組みをすればいいの? 【有期契約社員を3名正社員に転換して171万円受給した事例】

正社員10名・有期契約社員30名を雇用している会社です。

有期契約社員の中には、勤続1年以上になる方で、正社員と同じような働き方をされている方が5名ほどいます。現在正社員として求人を出していることもあり、この5名について新たな契約更新時期に、「正社員としての雇用に転換を希望しませんか?」「正社員になった場合、このような労働条件になります」ということを説明し、希望された3名について、正社員としての雇用に転換しました。

このような会社の意向をあらかじめ顧問社労士として相談されていたので、「キャリアアップ助成金」が活用できることをアドバイスし、転換した3名について、助成金受給につながりました。

有期契約社員から正社員に転換することで1人当たり57万円が受給できましたので、171万円の助成金受給に繋がりました。

正社員に転換した社員たちも、正社員としての自覚も芽生え、より積極的に仕事への取り組み姿勢を見せてくれています。

他の有期契約社員への良い刺激にもなっています。(正社員へ転換することを希望される社員が続くといいですね!)

助成金申請には最初に「計画届」を届け出なければならず、その後も複雑な段取りがあるので、会社様としては、社労士にご依頼いただくことで、より気楽に取り組むことができると思います。

«
»