• 労務の困った!を解決・予防

    経営者をサポートするチーム
    がここにあります

次のステージへ企業の成長をサポート

企業の成長に労使トラブルはつきものです。
経営者にとっては頭の痛い問題ですが、これを乗り越えてこそ、一つステージを上げることができますし、そういう企業を何社も見てきました。

問題解決のためには、今まで放置してきたことに取り組まなければなりません。
企業にとっては腰が重いかもしれませんが、ここで解決しておかなければ、再発は目に見えています。そして、再発した時のリスクは今よりもっと大きいものになっています。
だから今、この時点で最良の方法で解決策を講じておくことが必要なのです。
そのために、企業と一緒にとことん取り組む姿勢で臨みます。read more... »

Topics

最低賃金 10月からの改定額を公表 全国平均で25円引上げ

 厚生労働省は、今月17日、平成29年度(概ね今年10月~来年9月)の地域別最低賃金の改定額を公表しました。 これは、先月27日に厚生労働大臣の諮問機関である中央最低賃金審議会が示した「平成29年度地域別最低賃金額改定の目安について」などを参考として、各地方最低賃金審議会で調査・審議した結果を取りまとめたものです。 答申された改定額は、都道府県労働局での関係労使からの異議申出に関する手続を経た上で、都道府県労働局長の決定により、9月30日から10月中旬までに順次発効される予定です。 <平成29年度 地方最低賃金審議会の答申のポイント> ・改定額の全国加重平均額は848円(昨年度823円) ・全国加重平均額25円の引上げは、最低賃金額が時給のみで示されるようになった平成14年度以降、昨年度と並んで最大の引上げ ・最高額(東京都958円)に対する最低額(高知県等8県737円)の比率は、76.9%(昨年度は76.6%。なお、この比率は一昨年度から3年連続の改善) 今回の改定額及び発効予定年月日は、次のとおりです。 <平成29年度地域別最低賃金時間額答申状況> http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11201250-Roudoukijunkyoku-Roudoujoukenseisakuka/0000174738.pdf

(2017年8月25日)

News Letter

今月も三崎経営労務事務所お届けします!

  • 【コンテンツ】 
  • ●みさきコラム 
  • ●プチ情報 ~救急用具~ 
  • ●平成29年度地域別最低賃金額改定の目安について 
  • ●雇用保険の雇用継続給付に係る支給限度額などの変更 
  • ●改正育介法が10月より施行、育児休業期間が延長されます 
  • ●従業員の睡眠不足と「勤務間インターバル制度」の活用  
  • ●スタッフ★コラム
 "2017年9月 三崎経営労務事務所のNews Letter"の続きを読む »

ただいま受付中!

加入手続きだけでは終わらせない!

社会保険加入手続きのご相談

三崎経営労務事務所では社会保険の加入のご相談を承ってます。
負担など不安を解消して、受ける恩恵など制度を理解しての加入をおすすめしています。詳しくはこちらから>>

お客様の声

成長する私たちを、労務管理からメンタルまでサポートしてくれる。
三崎経営労務事務所のお客様の声

株式会社セオリー 代表取締役社長 原誠志様

創業時から、日々変化する課題を相談

三崎経営労務事務所を選ばれた経緯は?
2004年に会社を設立した当時、社労士の方が必要なのかどうかの知識もありませんでした。そんな折、たまたま取引先の知人から、雇用に関する助成金制度のことを教えられ、手続きを行える社労士として三崎さんをご紹介いただきました。おかげさまで無事審査は通過し、助成金は支給されました。それがご縁で労務の顧問となっていただき、以来10年のお付き合いとなります。

read more…