• 労務の困った!を解決・予防

    経営者をサポートするチーム
    がここにあります

次のステージへ企業の成長をサポート

企業の成長に労使トラブルはつきものです。
経営者にとっては頭の痛い問題ですが、これを乗り越えてこそ、一つステージを上げることができますし、そういう企業を何社も見てきました。

問題解決のためには、今まで放置してきたことに取り組まなければなりません。
企業にとっては腰が重いかもしれませんが、ここで解決しておかなければ、再発は目に見えています。そして、再発した時のリスクは今よりもっと大きいものになっています。
だから今、この時点で最良の方法で解決策を講じておくことが必要なのです。
そのために、企業と一緒にとことん取り組む姿勢で臨みます。read more... »

Topics

外国人留学生に違法な労働 書類送検が相次ぐ

 今月15日と17日に次のような報道がありました。いずれも、外国人留学生に違法な労働をさせていた企業が書類送検されたものです。 人手不足のこの時代、外国人留学生が貴重な人材となり得ることは間違いありません。どのような違反があり書類送検されたのか、確認しておきましょう。 ●今月14日、警察は、近畿地方で人気の飲食店において、外国人留学生らを不法就労させたとして、運営会社、同社社長及び店長ら計6人を、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで書類送検したとのこです。 送検容疑の概要は、平成27年9月~平成29年1月にかけて、同社の5店舗で、ベトナム人やネパール人の留学生ら17人を法定の上限の週28時間を超えて勤務させたというもの。留学資格では、週28時間しか働けないところ、最長で72時間働かせたケースもあったようです。社長らは「人手不足だった」などと容疑を認めている模様です。 なお、警察は、店で働いていた留学生らについても、入管難民法違反(資格外活動など)の疑いで、3人を逮捕、14人を書類送検したようです。 参考までに、留学生の就労制限(週28時間以下)などについて、こちらをご覧ください <外国人雇用に関するQ&A(東京労働局)> http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/riyousha_mokuteki_menu/jigyounushi/13-01-19-4_test.html ※「週28時間以下」のルールのことは、Q4で取り上げられています。

(2017年3月20日)

News Letter

今月も三崎経営労務事務所お届けします!

  •   ●   みさきコラム
  •   ●   プチ情報 ~花粉症~
  •   ●   効率的な人材確保とは~「求人票・求人情報」の作成ポイント~
  •   ●   マタハラ防止策を講じない企業の求人はハローワークで不受理に
  •   ●   2017年は副業元年!?「副業」に関する企業のホンネとは?
  •   ●   スタッフ★コラム
 "2017年3月 三崎経営労務事務所のNews Letter"の続きを読む »

ただいま受付中!

加入手続きだけでは終わらせない!

社会保険加入手続きのご相談

三崎経営労務事務所では社会保険の加入のご相談を承ってます。
負担など不安を解消して、受ける恩恵など制度を理解しての加入をおすすめしています。詳しくはこちらから>>

お客様の声

《ピンポイント・ソリューション》労働基準監督署の指摘による就業規則の作成
ピンポイントソリューション「1事案・1年間 集中対策サービス」

ご相談事案:【労働基準監督署の指摘による就業規則の作成】

労働基準監督署の調査が入り、就業規則が作成して届け出されていない、と指摘を受けたが、労基署の調査で指摘されたので、あまり積極的に作成したいとは思っていないので、最低限の形で作成してほしい。

read more…